WORK/PRODUCE

作品/プロデュース

朝に屋外で女性の顔をアップで撮影した写真。嵐山の渡月橋を背景に、女性は何かを訴えるようなまなざしで、こちらをじっと見つめている。

この世界で彼と過ごす、最期の日。
この渡月橋で、彼を見送る。

頭では分かっていた。
見送らなければいけないことも、一緒には渡れないことも。

だから彼女は、心の声を押し殺した。
一つ一つ、喉の奥で、必死に―。

朝に屋外で女性を撮影した写真。女性は手を後ろに組んでおり、背景には緑の葉が写っている。

共に過ごせる、最期の時間。

朝に屋外で女性を撮影した写真。女性は座りながらやや切なげな表情をしており、背景には緑の葉が写っている。

こみあげる想いと想い出。

朝に屋外で女性を撮影した写真。女性はやや切なげな表情で顔のみ右側へ向けており、どこか遠い場所を見つめている。

進めたくない歩みと、歩みを進めなくてはいけない現実。

朝に屋外で女性を撮影した写真。女性はやや切なげな表情でこちらに振り向いていて、背景には嵐山の渡月橋が写っている。

近づく最期の時。

朝に屋外で女性を撮影した写真。嵐山の渡月橋を背景に、女性はやや切なげな表情で前からこちらに振り向いている。

無意味と分かっている、葛藤と抵抗。

朝に屋外で女性の顔をアップで撮影した写真。女性は切なげな表情でややうつむきかけている。

分かっている。
それでも。

朝に屋外で女性の顔をアップで撮影した写真。嵐山の渡月橋を背景に、女性は何かを訴えるようなまなざしで、こちらをじっと見つめている。

喉まででかけた、「行かないで」の言葉。

朝に屋外で女性を撮影した写真。嵐山の渡月橋を背景に、女性は切なげな表情で遠くの景色をじっと見つめている。

喉の奥で押し殺した、 「行かないで」の言葉。

朝に屋外で女性を撮影した写真。女性は川沿いの岸に腰掛け、遠くの景色をじっと見つめている。

過ぎ去った、最期の時間。

朝に屋外で女性を背後から撮影した写真。女性は川沿いの岸に腰掛けて遠くの景色をじっと見つめており、女性の後ろには大きな影ができている。

分かっている。
それでも。

喉からこぼれた、「行かないで」の言葉。

【注意】この物語はフィクションです。

同カテゴリのページ