WORK/PRODUCE

作品/プロデュース

夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。全身黒いワンピースを着て、壁に寄り掛かりながら天井を見つめている様子を、左側から顔をアップで撮影されている。

どれだけ時が経とうとも、忘れることなどできない、二人の約束。

あらすじ

僕は彼女と約束した。

もちろん最初は守るつもりでいた。
でも、途中で気が付いてしまったんだ。
自分に、彼女との約束を守る力がないと。

僕は彼女にどんな顔で接すればいいのか分からなくなって、無力な自分自身が嫌になって、故郷を飛び出した。
彼女に、別れを告げることなく―。

あれから長い年月が経った。
約束の期限も、とうに過ぎた。

僕も過去から立ち直ることができて、新しい生活がようやく馴染んできた頃、思いがけないところで彼女と再会する。

どうやら彼女はここで、仕事帰りの僕を待っていたようだ。

そして彼女は僕に、こう告げた。
「あなたに貸した5000万、返してもらうわよ。」

本編

夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、両手で髪をかき分けている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、壁に寄り掛かりながら天井を見つめている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。全身黒いワンピースを着て、壁に寄り掛かりながら天井を見つめている様子を、右から顔をアップで撮影されている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、壁に寄り掛かりながらこちらを見つめている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。全身黒いワンピースを着た女性は、壁に寄り掛かりながらこちらを見つめ、少しハニカんでいる。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、こちら見つめながら階段の中央で立っている。

待ってたわ。

夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、こちら見つめながら階段を下りてきている。

あなたに貸した5000万、返してもらうわよ。

夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、こちら見つめながらさらに階段を下りてきている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、こちら見つめながらさらに階段を下り、徐々にこちらへ近づいてきている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、こちらを真顔見つめながら階段を下りてきている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は全身黒いワンピースを着て、こちら睨みながら階段を下りてきている。
夜の街にて、地下へ続く階段で女性を撮影した写真。女性は背後から撮影されており、地下へ続く階段を呆然と見つめている。

ふっ・・・逃がさない。逃がさないわ。

【注意】この物語はフィクションです。

同カテゴリのページ